Loading...

長崎県レクリエーション協会

遊びの日キャンペーン

日本を元気に!

今日はたくさんあそびましたか?
あそび足りなかったら、
明日、たくさんあそびましょう。

今日はたくさん笑いましたか?
笑い足りなかったら、
明日、たくさん笑いましょう。

みんなとあそび、大声で笑おう。
あなたの笑顔が
まちを、日本を、元気にします。

「あそびの日」が誕生して14年。今までにたくさんの笑顔と元気を生んできました。子どもの居場所づくりをはじめ、地域のコミュニケーションや、家族の絆を深めたり、子どもたちの体力向上や中高年の健康・生きがいづくりなど、さまざまな社会的課題に取り組んできました。
 今年のテーマは、「2020年の夢が始まる!」です。3年後の2020年は、東京オリンピック・パラリンピック。日本のスポーツ、文化の楽しさ、感動、可能性が世界中に発信される機会となります。「あそび」はスポーツと文化の出発点と捉え、みんなで楽しさ、感動、可能性を体験していきたいとい思います。仲間と助けあって、何かを成しとげていく。「あそび」や「スポーツ」には欠かせない要素です。あそびの日キャンペーンの活動を通して、たくさんの人々に遊ぶ機会を推進していきましょう。
         (公益財団法人日本レクリエーション協会の趣意書から)

※今年の全国一斉「あそびの日」キャンペーン、長崎県会場は1か所でした  

  4月30日(日) 県立運動公園野球広場(諫早市)  あそびのびっくり箱
 終了

▲ページトップnemuへ