Loading...

長崎県レクリエーション協会

協会概要

設立趣旨|役員紹介沿革組織図会員募集

設立趣旨

レクリエーションは、私たちの生活をリフレッシュし、健康とやすらぎとうるおいを与えてくれるかけがえのない文化です。また、私たちは、自分らしく生きることを楽しむ権利を持って生まれてきました。

長崎県レクリエーション協会は、1977年設立以来、ふれあいと感動をともなう多様なあそびや学びの機会を提供し、長崎県民の生きがいづくりを支援してまいりました。
人生の長寿化、自由時間の増大、環境問題、国際化や情報化社会がますます進む21世紀は、私たち一人ひとりの生き方が今まで以上に問われる時代でもあります。

長崎県レクリエーション協会は、すべての県民に対して、レクリエーションの普及振興を通じて、生涯スポーツの推進、子どもの健全育成、環境教育の普及、文化芸術の振興、生涯学習の推進、福祉の増進及びまちづくりの推進を図り、これらの活動を推進する指導者の養成と団体の育成に努め、県民一人ひとりの自由時間の充実と生きがいづくり、健康で潤いと活力に充ちた豊かなライフスタイルの形成と社会づくりに寄与することを目的に、本会の高い公益性と活動の継続性、信頼性を確保し、さらなる飛躍を図るために平成17年に「特定非営利活動法人 長崎県レクリエーション協会」として法人設立を行い、活動を継続しております。

会長挨拶

近年、少子高齢化が進む一方、子どもや青少年をめぐる犯罪の増加、地域コミュニティの崩壊、自然環境の悪化等の問題が深刻になりつつある中で、レクリエーション運動が担う社会的使命は、ますます広がり、そして重要になってきていると思います。

レクリエーションは私たちの心と体の健康を保持・増進する上で欠くことのできないものであると同時に幅広い「楽しさ」の提供を通して、子どもたちの健全育成、体力向上やお年寄り、障害をお持ちの方への生きがいづくり、“みんなが主役”の生涯スポーツの振興やコミュニティづくり、自然環境への問題意識を高めるなど、さまざまな社会的課題の解決につながるものと思っております。

平成21年9月19日~21日に本県で開催された「第63回全国レクリエーション大会INながさき」には、全国から18000名を超える参加者があり、盛会裏に終えることができました。これも、長崎県や開催市をはじめとする関係団体、関係機関、多くのスタッフの皆様、種目団体のみなさまのご協力とご尽力の賜であります。

また、本県における最大のスポーツ・レクリエーションイベントであります「県民総スポーツ祭」は、県民体育大会と県民スポーツ・レクリエーション祭を融合して開催することになり、回を重ねております。これも関係各位・関係諸団体のみなさまのご協力を得ながら、立派に成功させていきたいと思っています。この大会におきましては、日頃からスポーツ・レクリエーションに親しんでおられる皆様が一同に会し、日頃の練習や研究の成果を十分発揮されますとともに仲間同士の親交をより一層深めていただき、良き思い出の大会となるよう計画しているところです。

今後とも、皆様方のご活躍でこの長崎県レクリエーション協会がますます発展できますように、私も一生懸命つとめさせていただきたいと思っていますのでよろしくお願い申し上げます。

役員のご紹介

  • 顧問 野崎 元治 (長崎県観光連盟 特別相談役)
  • 会長 前原 晃昭 (長崎文化放送株式会社 相談役)
  • 副会長 村木 營介 (株式会社矢太棲 代表取締役会長)
  • 副会長 澤山 精一郎(長崎県ペタンク協会 会長、株式会社 澤山商会 代表取締役社長)
  • 副会長 原口 孟士(佐世保市レクリエーション協会 会長)
  • 専務理事 平山 仁 (レクリエーション・コーディネーター)
  • 常務理事 吉村 正春 (長崎市レクリエーション協議会事務局長)
  • 常務理事 小川 供孝 (諫早市レクリエーション協会事務局長)
  • 常務理事 田川 照信 (元長崎県レクリエーション協会 事務局長)
  • 理事 小川 充弘 (諌早市レクリエーション協会 会長)
  • 理事 智多 正信 (長崎市レクリエーション協議会 会長)
  • 理事 大岡 三義 (大村市レクリエーション協会 会長)
  • 理事 近藤 団一 (壱岐レクリエーション協会 会長)
  • 理事 松永 忠義 (雲仙市レクリエーション協会 会長)
  • 理事 大川三郎 (長崎県グラウンド・ゴルフ協会 会長)NEW
  • 理事 稲田 俊彦 (長崎県キャンプ協会 顧問兼副理事長)
  • 理事 小川 勝之 (長崎県ドッジボール協会 会長)
  • 理事 浦田 美砂 (長崎県シェアリングネイチャー協会 副理事長)
  • 理事 峰 ひとみ (レクリエーション・コーディネーター)
  • 理事 辻 道行  (レクリエーション・コーディネーター)
  • 理事 丸石 美奈子(福祉レクリエーション・ワーカー)
  • 理事 徳永英彦 (株式会社 長崎新聞社 取締役営業局長)NEW
  • 理事 川崎満博 (長崎放送株式会社 事業本部長) NEW
  • 理事 遠藤 理史 (日本放送協会長崎放送局 局長) NEW
  • 理事 吉村壮史 (株式会社テレビ長崎 事業局事業部部長)
  • 理事 佐久間 文彦 (長崎文化放送株式会社 総務局次長)
  • 理事 紀伊 義孝 (株式会社長崎国際テレビ 業務局事業部長)
  • 理事 栗原 雅和 (株式会社エフエム長崎 代表取締役社長)
  • 理事 松永 恵子 (長崎県立大学 名誉教授)
  • 理事 德永 光英 (長崎県スポーツ推進委員協議会 理事長)NEW
  • 監事 西村 司 (長崎県グラウンド・ゴルフ協会 理事長)
  • 監事 安田 正次 (株式会社長崎経済研究所 文化事業部長)
  • 組織開発部長 甲斐 芳行(佐世保市レクリエーション協会)
  • 事業普及部長 都知木 睦(長崎市レクリエーション協議会)
  • 広報部長 太田 武義(大村市レクリエーション協会)
  • 生涯スポーツ推進部長 松山 眞理子(長崎市レクリエーション協議会)
  • 事務局長 松本 きぬ子 (レクリエーション・コーディネーター)
  • 事務局 大﨑 貴子 NEW
▲ページトップnemuへ

沿革

昭和52年
4月17日
これまでの長崎県レクリエーション団体連絡協議会を発展解消し長崎県レクリエーション協会を設立
  4月20日 レクスクール開校式 以後継続開催
昭和54年 3月3日 ~3月4日 九州ブロック講習会開催
  6月29日 ~7月1日 高齢者レクワーカー養成セミナー 以後継続開催
 昭和55年 3月1日 ~ 3月3日 第1回みんなのスポーツ専科レクリエーション講習会をブロック別に開催
昭和56年 1月30日 ~2月2日 コミュニティレクワーカー養成セミナー
  3月28日 レクリエーションー級指導者養成講習会
第1回長崎県インディアカ大会 以後継続開催
昭和57年 8月21日 ~8月22日 「はだしで遊ぼう雲仙」レク指導
  9月12日 幼児のためのレクリエーション指導者講習会 以後継続開催
昭和59年 5月20日 第1回全国一斉ウォークラリー大会 以降10年継続
昭和60年 8月22日 ~8月23日 九州ブロック学校レク指導者講習会
昭和61年 9月6日 長崎県レクリエーション協会創立10周年記念式典
  9月7日 第1回長崎県レクリエーション大会
昭和63年 3月19日 長崎市インディアカ協会設立総会
平成2年 7月1日 長崎市グラウンド・ゴルフ協会設立総会
  9月1日 ~9月2日 オールジャパンレディースインディアカ長崎大会
平成3年 6月16日 第1回長崎県グラウンド・ゴルフ親書大会
  9月14日 ~9月15日 長崎県レクリエーション協会創立15周年記念会を開催
第1回長崎県スポーツ・レクリエーション祭を全国コミュニティースポーツ'91西日本大会を誘致して開催
平成4年 4月1日 ウェスレヤン短期大学、課程認定校に認可
平成6年 1月23日 第1回長崎県小学生ドッジボール大会
  9月23日 ~9月23日 九州ブロックグラウンド・ゴルフ親善大会
平成7年 2月23日 佐世保市レクリエーション協会設立記念式典
  4月1日 長崎女子短期大学、課程認定校に認可
  5月 長崎県レク、日レクよりモデル県に指定される
  10月28日 ~10月29日 長崎県レクリエーション協会創立20周年記念式典、講演会、祝賀会を開催
第5回長崎県スポーツ・レクリエーション祭を全国ニュースポーツフェスティバ ル九州大会を誘致して開催
平成9年 4月1日 九州環境医療福祉専門学校長崎校、課程認定校に認可
平成11年 5月 組織整備の一環として規約の全面改正、加盟組織の見直し、役員構成の見直し等を行い、法人化について検討
平成12年 11月18日 ~11月19日 長崎県レクリエーション協会創立25周年記念式典
全国ニュースポーツフェスティバルin九州大会を誘致して第10回長崎県スポーツ・レクリエーション祭を開催
平成15年 1月15日 ~1月16日 高齢者福祉施設職員・地域福祉ボランティアのための福祉レクリエーション講習会を開催 以後継続開催
  4月1日 玉木女子短期大学、課程認定校に認可
平成17年 4月1日 日本福祉整体学院、課程認定校に認可
  5月22日 特定非営利活動法人長崎県レクリエーション協会設立総会を開催
  6月22日 特定非営利活動法人長崎県レクリエーション協会認証申請
  9月9日 特定非営利活動法人長崎県レクリエーション協会設立登記完了
  10月29日 ~10月30日 長崎県レクリエーション協会30周年を記念して
長崎県スポーツ・レクリエーション祭を離島壱岐市で開催
  12月3日 創立30周年記念及びNPO法人化記念式典開催
表彰規程を設け、功労者の表彰を開催
平成18年 4月1日 長崎市立諏訪体育館の指定管理者になる
  9月2日 ~9月3日 ニュースポーツフェスティバル九州大会inながさきを開催
平成19年 6月10日 特定非営利活動法人長崎県レクリエーション協会総会において「第63回全国レクリエーション大会INながさき」開催決定
 平成20年 1月26日 「第63回全国レクリエーション大会INながさき」準備委員会設立
 平成21年 1月17日 「第63回全国レクリエーション大会INながさき」実行委員会設立。第1回総会及び第1回運営委員会を開催。
  9月19日~21日 第63回全国レクリエーション大会INながさきを県内各地で開催
  10月25日 文部科学省委託事業「おやこ元気アップ事業」を千々石で開催
平成22年 3月28日 「第63回全国レクリエーション大会INながさき」実行委員会第8回運営委員会開催 「第63回全国レクリエーション大会INながさき」実行委員会第2回総会開催し、実行委員会を解散。
 平成23年
 
 平成24年   第1回 県民総スポーツ祭開催 以降連続開催
 県民体育大会とスポレク祭とが合同開催
 平成25年    
 平成26年    
 平成27年 6月~8月   ニューエルダー元気塾開催  諫早市・大村市
 平成28年  10月15日~17日  全国健康福祉祭(ねんりんピック)開催
 ふれあいニュースポーツ担当7000人が体験
 平成29年 2月11日~12日   「スポーツ・レクリエーション指導者養成講習会」を公益財団法人日本レクリエーション協会と共催
     

組織図

専門部の仕事内容

  1. 組織開発部 ・・・ 協会の円滑な運営とあり方の検討。市町レク協会の設立と活動強化への指導・助言
  2. 事業普及部 ・・・ 県民へのレクリエーション事業の提供・普及。各種講習会の開催。レクリエーション・インストラクター養成
  3. 生涯スポーツ推進部 ・・・ 県民スポーツ・レクリエーション祭の開催。スポーツ関連団体との連絡調整
  4. 広報部 ・・・ 広報紙「レクなが」の発行。県民へのレク活動に対する普及・啓発活動
▲ページトップnemuへ

会員募集

本協会は昭和52年設立以来、長崎県内におけるレクリエーション活動や生涯スポーツ、福祉レクリエーション活動等の普及推進の先頭に立ち、努力してまいりました。おかげをもちまして、各種活動は皆様のご協力を得、大きな拡がりを見せています。

本協会は、平成17年9月に今後の活動の充実と組織の拡充を図るため関係各位のご支援・ご協力をいただき特定非営利活動法人(NPO法人)として発足いたしました。

つきましては、本協会の趣旨のご賛同いただき健全な運営にご協力をお願いいたします。

 

会員種別

①正会員

  ・個人会員

  ・団体会員(加盟団体)

②指導者会員(レクリエーション有資格者)

③賛助会員

正会員(個人会員)

  1. 条件  レクリエーション・インストラクター、レクリエーション・コーディネーター、福祉レク・ワーカーのいずれかの資格を保有している方
  2. 会費  年額一口 10,000円
  3. 義務  

    (1)会議に出席すること(都合のつかない場合は委任状可)

    (2)会費の納入

    ※加入いただきますと、毎年4~5月に会費の納入通知書を送付させていただきますので、その際は郵便局で会費をお納めください。
  4. 特典及び権利
    (1)法人の総会に出席し、意見を述べる事ができる
    (2)需品購入、講習会の参加費等会員割引で購入、参加が出来る
    (3)長崎県レクリエーション指導者研修会(フォローアップ研修会、毎年2月頃開催)への参加費が免除される

    申請書

正会員(加盟団体)

  1. 県内各地にクラブがあるグラウンド・ゴルフやインディアカなどの種目団体
  2. 会費 年額一口 20,000円
  3. 義務
    (1)会議に出席すること(都合のつかない場合は委任状可)

    (2)会費の納入

      ※加入いただきますと、毎年4~5月に会費の納入通知書を送付させていただきますので、その際は郵便局で会費をお納めください。
  4. 特典及び権利
    (1)法人の総会に出席し、意見を述べる事ができる
    (2)県民スポーツ・レクリエーション祭において大会開催ができる
    (3)組織強化費助成

    申請書

賛助会員

  • 会費  年額一口 20,000円(一口以上)
    ※加入いただきますと、毎年4~5月に会費の納入通知書を送付させていただきますので、その際は郵便局で会費をお納めください。
  • 特典
    (1)県協会からの情報を指導者会員と同等に送付します
    (2)会員及び会員団体職員等が本協会の需品を購入される場合や講習会に参加される場合は、指導者会員と同等の割引をいたします。
    (3)3口以上ご協力頂きますと(財)日本レクリエーション協会が発行する情報誌「月刊レクリエーション」を毎回お届けします。

    申請書
▲ページトップnemuへ